電子メールなどを使って、大量データーを送信する場合について考えます。

データ入力でもっと稼ぐ方法

記事一覧

電子メールによるデータ送信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
私たちは、直接対面したり、電話をしたり、手紙を利用したりするだけでなく、電子メールやWEB上のシステムを使って、数多くのデータを送受信することが出来ます。
メールやインターネットを利用すれば、多くの事柄を口頭で説明したり、大量の紙媒体を送り届けたり、受け取ったりする必要が無くなります。
したがって、そのような口頭説明に要するエネルギーや時間を節約することが出来る他、無駄なごみの排出量も減らせるので、たいへん便利で効率的であり、自然環境保護にも貢献することが可能です。
ただし、そのようなメリットがあるからと言って、いたずらに膨大なデータを送りつけると、相手に迷惑をかけることにもなり兼ねない他、自分が不利益を被るケースも少なからずあり得ますので、注意することが必要です。
例えば、そうしたサイズの大きいデータファイルをメールに添付して送る場合、サーバーの送信容量の上限を超え、エラーが発生することも少なくありません。
また、プロバイダーから提供されたアドレスを使っている場合、そのようなメールの送受信履歴や、添付ファイルが、PCや携帯電話、スマートフォンなどのハードディスク容量を消耗することになります。
そういったことが原因で、パフォーマンスが落ちたり、問題が発生したりすることも珍しくありません。
それらのリスクを減らすために、サイズの大きいデータは圧縮したり、他の専用ソフトを使って送ったりするなどといった配慮が必要になるでしょう。


Copyright(c) 2017 データ入力でもっと稼ぐ方法 All Rights Reserved.