ここでは、記事作成の仕事と、著作権の問題に関する情報を提供します。

データ入力でもっと稼ぐ方法

記事一覧

記事作成と著作権の問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
様々なデータを取り扱う際には、他人の著作権を侵害することの無いよう、注意することが必要になります。
例えば、ホームページに掲載するコンテンツのライティングやリライトなどを行う仕事を請け負う人は、数多く存在します。
そういった記事を作成するためには、サイトタイトルやキーワードなどと関連の深いウェブ上のコンテンツを参考にするケースも珍しくありません。
その際、ウェブページに掲載された情報をそのまま複製し、自身の作成した記事として納品すると、著作権侵害になり、報酬が支払われないばかりか、契約を解除されたり、損害賠償を請求されたりするリスクも少なくありませんので、注意しなければなりません。
また、語尾を少々変えるなどといったことをしたとしても、同様のリスクが発生することになります。
したがって、ネット上の情報は飽くまでも参考程度に利用して、自分の言葉や表現を用いて、オリジナリティのある記事を作成することが大切なファクターになります。
そして、成果物を提出し、受領された時点で、著作権は納品先に移ることになります。
したがって、たとえ自身の作成した記事であったとしても、過去の納品物をコピーして提出すると、著作権侵害の罪に問われるリスクが高くなりますので、気をつける必要があります。
特に、過去に対応したのと似通ったタイトルや、同じテーマの記事を作成する際には、同じような内容になってしまう傾向が強いので、注意を要します。


Copyright(c) 2017 データ入力でもっと稼ぐ方法 All Rights Reserved.