各種ソフトに装備されている、データーを扱うために便利な機能を紹介します。

データ入力でもっと稼ぐ方法

記事一覧

データを扱う利便性の向上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
WordやExcel、PowerPointなどのMicrosoft Officeアプリケーションソフトには、大量のデータをスピーディーに処理するために便利な機能がバリエーション豊かに、数多く搭載されております。
例えば、さまざまな種類の文書を作成する際に利用されることの多いワードには、スペルチェックや文章校正、置き換え、検索などといった機能が備わっております。
それらの内、検索や置き換えの機能を使えば、長い文章の中で、特定の言葉や言い回しの部分にジャンプしたり、指定した文字列を、別の文字列に一括変換したりすることが可能になります。
また、表計算ソフトとして数多くのユーザーに親しまれているエクセルには、並べ替えや集計、オートフィルタ、各種関数の挿入などといった機能があります。
それらの中で、並べ替えやオートフィルタを利用すれば、数多くのデータの並び順を、一定の条件で変更したり、膨大な情報の中から、一部のデータを抽出したりすることが出来ます。
また、オートSUMなどの関数を挿入することにより、指定したセル内のデータを自動計算することが可能です。
そのような諸々の機能を駆使したり、各種ソフトの特性を理解して、有効活用したりすることが出来れば、データを取り扱う利便性が格段に向上することは間違いありません。
その種のスキルを高めるためには、独学による他、パソコン教室や専門学校、各種スクールへ通ったり、通信教育を受けたりするなど、さまざまな種類の方法があります。


Copyright(c) 2017 データ入力でもっと稼ぐ方法 All Rights Reserved.